もえぎ会 小学校低学年コース Topページ > カリキュラム:国語

もえぎ会 小学校低学年コースの『国語』

正しく理解し、論理的に考え、表現できる人になることを目指す。

正しく理解し、論理的に考え、表現できる人になることを目指し、文字学習として正しく美しい字の書き方指導から始め、「読むことを楽しむ」「音読モジュール名文に学ぶ」「正しく理解すること・考えを書き表すこと」「文字や言葉の知識」などを軸に授業を展開します。

国語学習の4つの柱

読解
読みたい気持ちを深め、読むことを楽しむ。

取り上げる文章は、始めから終わりまでを教材として読みきります。
従来の国語の問題集にありがちな抜き出された1部分のみを読んで考える「長文問題」ではなく、頭から尻尾までそろった丸ごとの文章から学びます。 起承転結の構成があることで、読みたい気持ちが深まり、物語に対する興味・共感が自然に生まれてきます。 詳しく読みたいという子どもたちの気持ちがあってはじめて、「文章の正しい理解」ということが学習テーマになりえるのです。 通読により物語の世界を味わった後には、大意の理解や心情について確認をしていきます。
子どもたちには、読書が習慣化した人に成長してほしいと願っています。

読みたい気持ちを深め、読むことを楽しむ。

虫眼鏡アイコンの付いた画像はクリックすると拡大します。

ページの先頭に戻る
感性
音読暗唱 -名文に学ぶ-

本講座では、授業開始に合わせて、名文・美文の音読を行います。
時代を超えて価値を認められてきた言葉には、理屈をぬきにして、響いて伝わる力があります。 大きな声と正しい姿勢で声にだして読むことで、一流の文章がもつ言葉のつながりやリズムが、自然に身についていくことでしょう。 また、四季を感じられる文章を多く取り入れ、移り変わる季節への関心を高めていきます。
肌で季節を感じている子どもたちにこそ、出会ってほしい言葉がたくさんあります。

虫眼鏡アイコンの付いた画像はクリックすると拡大します。

音読暗唱 -名文に学ぶ-
ページの先頭に戻る
論理
正しく理解すること

文章を正しく読み・理解できることは、全ての学びの土台になります。
論理的な思考・判断は正しい認識に基づいてこそきちんと構築されるものです。 長文問題演習においては、大意把握→確認→ディテール精読→確認といった具合に進め、段階的に子どもたちの文章を読み解く力を育てていきます。

ページの先頭に戻る
語彙
文字や言葉の知識を学ぶ

漢字については、正しく美しい文字を書くことと、成り立ちを重視した指導を行います。
一年生で習う漢字については、中学年以降、「へん」や「つくり」などの部首として何度も現れるエッセンシャルな漢字が多く含まれています。 また、象形文字から作られた字も多く、その意味や由来を伝えることで、物語性をもった学びにすることができます。 さらに、組み合わせでできた漢字や語句の意味を類推する手がかりにすることもできます。低学年の時にこそ、深く学ぶ価値のある学習だといえます。 また、読解を行う際には必ず辞書引きを課題とし、わからない言葉を調べることを、当たり前の習慣として身につけてもらいたいと考えています。
自分で検索する力を育むことが目的です。

文字や言葉の知識を学ぶ
ページの先頭に戻る

体験教室受付中
資料請求
システムガイドを見てみる
小学校1年生・2年生コース システムガイド

馬渕教室のシステムについて、さらに詳しい内容をご覧いただけます。

システムガイド PDFダウンロード